男の人

起業する人の為にある商工ローン|事業成功を叶える為に利用する

企業の資金繰りのために

お金

銀行や信用金庫で借りる

「商工ローン」とは企業が経営していく、また事業を運営していくにあたって必要な資金を借り入れる際に利用される金融サービスの一つである。最近では「ビジネスローン」や「法人ローン」などと呼ばれることも多くなってきた。この商工ローンは、主に銀行や地方の信用金庫などで利用されることが多い。金利などもそれほど高くはないので、利用したい企業は多く存在する。銀行や信用金庫で借入する場合には、個人のローン同様に審査が行われる。この審査は非常に厳しいものであり、また相応の期間も必要である。融資実行までには半月から1ヶ月程度かかるところもある。そのため、「資金繰りのためにすぐに資金が必要である」といった場合には利用するのが難しいケースも想定されるのだ。常日頃から資金の管理を適切に行い、計画的な利用が求められるのである。

事業者金融で借りる

とはいえ、超短期で資金が必要な場合や、銀行や信用金庫での審査に通らなかった場合は次の資金調達の手段を考えなければならない。そこで利用されるのがノンバンクなどの事業者金融による商工ローンの利用である。こちらは審査から融資までの期間が短く、即日審査・即日融資ができる場合もある。そのため、急な資金繰りにも対応できるというメリットがある。手続きも銀行ほど難しいものではないので、「借りやすさ」という点ではこちらの方に軍配が上がる。あえて事業者金融の商工ローンを利用する企業もあるくらいなのだ。商工ローンを銀行や信用金庫で利用する場合、事業者金融を利用する場合ともにメリットやデメリットがあるものだ。資金をどこで調達するかは慎重に検討しなければならない。

急にお金が必要になったら

カード

カードローンは上限金額内ならば、何度でもお金を借りたり返したりすることができる、とても便利なものです。しかし無計画に借り過ぎてしまうと利子の返済ばかりに追われることになってしまうため、頻繁な借り入れには注意も必要になります。

詳しく読む

慎重に利用しよう

電卓と紙幣

収入を得ている人と得ていない人では20万円借りる方法に違いがあります。借りる所によって、同じ金額を借りたとしても返済総額には違いが見られることもありますので、借りる時には返済時のことも考えるようにしましょう。

詳しく読む

お金を借りる際の限度額

カード

消費者金融のカードローンは総量規制により、年収の3分の1までの借入限度額がありますが、銀行にはありません。消費者金融で限度額を超えそうな時は、銀行を利用してみましょう。また住宅や自動車のローンは総量規制対象外となります。また消費者金融も借入状況によっては、限度額でなくても審査に落ちることがあります。

詳しく読む