お金を借りる際の限度額|起業する人の為にある商工ローン|事業成功を叶える為に利用する
ウーマン

起業する人の為にある商工ローン|事業成功を叶える為に利用する

お金を借りる際の限度額

カード

消費者金融は総量規制あり

カードローンを利用してお金を借りる場合、借入限度額というものはあるのでしょうか。これは銀行と消費者金融とで違いがあります。銀行のカードローンの場合は、基本的に借入限度額というものは存在しません。ただし他からの借入件数が多い場合、あるいは、収入の割に借り入れている金額が多い場合は、審査に落ちてしまうこともあるので気をつけましょう。一方消費者金融のカードローンの場合は、借入限度額が存在します。いわゆる総量規制がそれに当たります。総量規制とは、2010年施行の改正貸金業法で定められたシステムで、年収の3分の1に当たる金額が、借入限度額となります。ですから、他にも消費者金融を利用している場合は、利用額がこの限度額をオーバーしないようにしましょう。

対象外や例外もあります

ただし総量規制には、対象外のローンもあります。たとえば不動産購入用の住宅ローン、担保のある動車ローンなどがそれに当たります。これ以外にも有価証券や不動産を担保にしたローンは、いずれも対象外となります。それから、カードローンを複数利用している場合のおまとめローンも、対象外ではありませんが、例外として認められます。それから総量規制は消費者金融など、いわゆるノンバンクだけのものです。銀行のカードローンには存在しません。ですから借入限度額に引っ掛かって、もう消費者金融を利用できない時は、銀行のカードローンを利用するのがお勧めです。銀行の場合は審査がやや厳しくなりますが、最近はパートの人でも利用できるような、お手頃なカードローンもあります。